2010年04月12日

Tokyo architecture museum.1

 先月の末、東京に行ってました。ついでに!?いくつか美術館に行ったので紹介したいと思います。東京に行く用事があると本来の目的よりも建築探訪の旅になっちゃってます・・・

DPP_2925.jpg

DPP_2923.jpg

19th century Hall

DPP_2927.jpg

gallery

DPP_2926.jpg

新館


 先ずは上野の国立西洋美術館へ。言わずと知れた巨匠 ル・コルビュジエことシャルル=エデュアール・ジャンヌレの日本唯一の建築です。
 この美術館は、ル・コルビュジエが長年研究してきた「限りなく成長する美術館」の考え方により設計され、19世紀ホールといわれる中央の広間を取り巻くように螺旋状に展示空間を巡る動線になっています。「建築の五つの要点」、パネル工法の採用、桂離宮の茶室松琴亭の腰掛配置から得た卍型による通路の分配、東大寺大仏殿の柱・梁の形態、時間軸による展示空間などなど、ここを訪れたのは2度目ですが、まだまだ学ぶ要素がありすぎる建築だと思います。
 個人的に残念なのは、前川國男氏設計の新館が増築された際、本来の思想である無限発展美術館の形態、つまり螺旋運動の延長がなされなかったことです。現在の新館の明るく広い展示空間も魅力的なんですけどね・・・

 19世紀ホールの光や展示空間は、展示物を観るのを忘れてしまうほど神秘的で心を奪われます。私の一番好きな美術館、また行きたいです。

by an


posted by anとnit | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

阪神 ドーム前駅

IMG_3336.jpg


img_04.jpg

 帰宅途中、京セラドームの近くで怪しく光るガラスの箱を発見。昨年の3月に開通した阪神なんば線のドーム前駅です。
 駅のデザインテーマは「懐かしさと新しさの融合」だそうで、この辺りは大阪ガス発祥の地で、以前にあった大阪ガスがレンガ造りだったことからレンガと、現代的な材料であるガラスなどを織り交ぜたデザインになっています。

by an
posted by anとnit | Comment(1) | TrackBack(0) | 建築写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

STARBUCKS 神戸北野異人館店

IMG_5751.jpg

IMG_2912.jpg


 先日、久しぶりに神戸の北野に行ったのですが、なんともおしゃれなスタバを発見。。
 去年、オープンしたようで北野物語館を利用したお店です。中に入ってゆっくりする時間はなかったのが残念。今度、ゆっくりフラペチーノでも飲みに寄ってみようっと。

 そういえば、この北野物語館の前の道は、ハンター坂といって神戸では有名な道なんですが、最近聞いた話によると、居留地時代は端から端までハンターさんの邸宅が続いていたそうです。

by an
posted by anとnit | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

銀橋

DPP_00044.jpg


DPP_00055.jpg


 大阪の大川に架けられた国道1号線の橋、桜宮橋−通称・銀橋です。
 写真の左側が武田五一さんの設計で1930年に完成したのもので、右側が国道1号線拡張のため、安藤忠雄さんの設計で新たに建設され、2006年に完成したものです。

 きれいなアーチを描いて並んでいますね。2つの橋の調和を図るためアーチの比率を揃えているそうです。仲良しの兄弟みたいでかわいいですね(^ー^)
 歩道の幅が広いため、ゆっくり大川を眺めることもできます。夜景もきれいなので、また撮りにいきたいです。

by nit
posted by anとnit | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

西宮市貝類館

IMG_2889.jpg

IMG_2886.jpg

 西宮浜に行く用事があったので、西宮市貝類館に寄ってきました。安藤忠雄氏らしい打ち放しコンクリートの建物で、風を受ける帆をイメージして設計されているそうです。貝類のギャラリーなので、てっきり貝をイメージしているのだと思ってました・・・
 正面から建物裏側へのアプローチである直線の通路は、緊張感のある空間になっているのですが、建物内に公民館も併設されているためか、周辺住民の近道や自転車置き場になっているようです。

by an
posted by anとnit | Comment(2) | TrackBack(0) | 建築写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。